PRESS

プレス

5月9日に発生したシステム障害等に関する報告

2017.6.20




平素よりCoincheckをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
2017年5月9日に発生いたしました弊社システム障害及びシステム障害に伴うロールバック処理により、お客様の取引に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、改めまして深くお詫び申し上げます。

詳細な原因調査を終えましたので、このたびの経緯、発生原因及び再発防止策についてご報告いたします。



1.経緯及び発生原因

弊社において、システムが算出している仮想通貨購入・売却価格が異常値となる事象、及びシステム上ロスカット処理が正常に終了しない事象が発生した理由は、以下のとおりです。

(1)弊社で大量のポジションを保有していたお客様について、ビットコインの価格高騰により証拠金維持率が下回り、ロスカットが発生いたしました。
(2)当該ロスカットにより、弊社システム上で自働的に大量の買い注文が執行されました。
(3)弊社システム上で大量の買い注文を処理する過程で、システム上想定していなかった事象の発生を原因として当該ロスカットが正常に終了せず、弊社のシステム上表示するビットコインの買いレートが急騰するとともに、同時に取引所の仲値(評価レート)や、これを算出ロジックに用いる他のオルトコインの価格も急騰いたしました。
(4)急騰したレートにより他のお客様の資産評価も下がり、次々とロスカットが発生し、大量のロスカット注文が執行されました。
(5)上記(3)の事象により、弊社のシステム上表示するビットコインとオルトコインの価格が実勢レートから大幅に乖離する値として表示され、上記(4)の大量のロスカット注文の執行に起因して、かかる乖離がさらに拡大したため、これらの値につき弊社として異常値と判断いたしました。



2.弊社対応

2017年5月9日、弊社は上記1のとおりシステムが算出している仮想通貨購入・売却価格が異常値となる事象、及びシステム上ロスカット処理が正常に終了しない事象が発生したため、サービスを停止し、各事象発生前の状態へ戻すこと(ロールバック)といたしました。また、ロールバック後に適正な仮想通貨購入・売却価格に基づき、改めてロスカットを行いました。



3.再発防止策

(1)仮想通貨の価格変動が当社の定める基準以上に変動した場合、一時的に該当する仮想通貨の売買を停止する措置を実装いたしました。売買を停止後、その原因がシステム障害によるものであれば障害対応を行い、正常なマーケットの変動であることが確認できれば再開します。
(2)大量のポジションを保有しているお客様の監視体制を強化いたしました。
(3)大量のロスカット注文が執行された場合において、取引所の価格に対するインパクトが低減されるよう措置を講じました。
(4)取引所における一時的なビットコインの価格変動が販売所の価格に影響されないよう修正いたしました。
(5)その他、所要の措置を講じました。



このたびはお客様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。
Coincheckでは事態の発生を真摯に受け止め、今後同様の事態が発生しないよう再発防止に努めてまいります。
今後とも、変わらぬご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。



以上







※記載の日時は全て日本時間となります。