PRESS

プレス

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償について

2018.3.12

2018年1月26日、コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」におきまして、一部機能の停止に至る事象が発生致しました。本事象に伴い、お客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

仮想通貨NEMの不正送金に係る補償につきまして、以下の通りお知らせをさせていただきます。





仮想通貨NEMの不正送金に係る補償について



補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様





・本件はNEMの不正送金に係る補償に関するご案内です。NEMの入出金・売買に関するお知らせではございません。
・補償は日本円で行われます。
・補償は預金口座への振込ではなく、お客様のCoincheckアカウントの残高に補償金額(日本円)を反映する方法で行います。
・補償日時に本人確認が完了していないお客様も補償の対象です。日本円の出金には別途本人確認の完了が必要です。 また、日本円出金に伴い、別途追加での本人確認を行う場合がございますことをご了承ください。
・日本円の出金には所定の手数料がかかります。
・日本円の出金処理は申請をいただいている順にて対応致します。このため、ご指定口座への着金までお時間を頂戴する場合がございます。
・現時点で判明していない問題等が確認された場合、予告なく補償の実施を見合わせることがございます。
・課税関係につきましては、現在、国税当局に相談を開始した段階にございます。取り扱いが分かり次第アナウンスを致します。
※NEMの補償として支払う金銭は、本年(平成30年)に発生した事実に基づいてお支払するものです。課税対象となるか否かにかかわらず、平成29年分の確定申告に影響を及ぼすものではございません。





【関連記事】
仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について:
https://corporate.coincheck.com/2018/03/08/46.html

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について:
https://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html



このたびは、不正アクセスによるNEMの不正送金及びこれに伴う一部サービスの一時停止等により、お客様をはじめとする関係者の皆様に、多大なご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。引き続き、お客様により安心してサービスをご利用いただけるよう努めてまいりますため、何卒、よろしくお願い申し上げます。

※記載されている日時は全て日本時間です。













Regarding Reparations to Users in Possession of NEM Illicitly Transferred From Our Platform



Due to an incident on 01/26/2018, certain services on Coincheck, a cryptocurrency exchange platform run by Coincheck, Inc. (CEO: Koichiro Wada) have been temporarily suspended, and we would like to apologize to our customers, other exchanges, and anyone else affected by this incident for the inconveniences we’ve caused you.
Reparations for NEM illicitly transferred from our platform will be as follows.

Reparations for illicitly transferred NEM

Distribution period: 03/12/2018
Reparations amount 88.549JPY x the amount held at 23:59:59 JST on 1/26/2018
Qualifications for reparations: Users in possession of NEM on our platform at 23:59:59 JST on 1/26/2018

- This announcement is regarding reparations for the NEM illicitly transferred from our platform and is unrelated to the resumption of deposits, withdrawals, sales and purchases of NEM on our platform.
- Reparations will be made in JPY.
- Reparations will be made directly to users' accounts' balances on Coincheck, not to bank accounts registered to accounts.
- Customers who have not completed identity verification are still eligible for reparations. Completing identity verification is necessary for JPY withdrawals. There may be situations where we ask customers to submit additional identity verification documents when withdrawing JPY.
- JPY withdrawals from our platform incur a fixed fee.
- We will be completing withdrawal requests in the order that they come in, so it may take a short period of time for your transfers to be completed after withdrawals resume.
- We may be forced to reevaluate the timing of the reparations period due to unforeseen circumstances.
- Regarding taxes, we are speaking with the Taxation Bureau. We will announce new information as soon as we have it.
* Regardless of whether the reparations customers receive are considered taxable or not, they will not need to be reported on 2017's taxes as they will be received during this year (2018).



Related articles
Announcement Regarding the Illicit Transfer of NEM and our Company Response:
https://corporate.coincheck.com/2018/03/08/46.html
Reparations policy towards users affected by the illicit transfer of the cryptocurrency NEM from Coincheck:
https://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html



Once again, we would like to apologize for the inconveniences that the illicit transfer of NEM from out platform and the resulting suspension in services has caused our customers and anyone else affected by this incident. Thank you for your patience.

*All dates and times are in JST.