PRESS

プレス

SaaS型株主総会業務支援事業の検討開始について

~ ブロックチェーンの活用も視野に、オンライン上で議決権行使や質問ができる「バーチャル出席型」のサービスを提供予定 ~

2020.06.08



コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、新たにSaaS型の株主総会業務支援事業の検討を開始いたしました。それに伴い、バーチャル出席型の株主総会の開催を検討する企業向けのお問い合わせ窓口を本日より開設いたします。


本事業では、オンライン上で株主総会に出席し、議決権行使や質問ができる「バーチャル出席型」の株主総会向けのサービスの提供を今年度中に予定しています。「バーチャル出席型」の株主総会では、オンライン上で傍聴するのみの「バーチャル参加型」と比較すると、より株主に対して平等・公平な株主総会への参加機会を提供することが可能なことに加え、会場費等の費用や当日の運営の負荷軽減も期待できます。


また、当社の提供する新サービスではブロックチェーンを活用し、議決権行使の改竄リスクを排除するシステムの実装も検討しています。







バーチャル株主総会においては、2019年6月に閣議決定された成長戦略のフォローアップをうけ、経済産業省主導のもと有識者による議論がなされ、2020年2月にハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイドが公開されました。同ガイドラインでは、具体的な実施方法などが示されており、インターネットを取り入れた新たな株主総会の在り方に注目が集まり始めています。

さらに昨今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止をきっかけに、バーチャル株主総会の導入を検討する企業が増加しています。今後、新型コロナウイルス感染症などのリスクを前提とした経営のニューノーマルへの対応が迫られるなかで、場所や時間に囚われず株主にも平等・公平に株主総会に参加する機会を提供できるバーチャル株主総会の普及が加速していくことが予想されます。


当社では、2014年8月に暗号資産交換事業に参入し、金融リテラシーがなくとも簡単に投資ができるサービスを提供することで、ユーザーが暗号資産投資に興味を持つきっかけを作ってきました。本事業においても、UI/UXのノウハウを活かしたサービスを提供することで株主総会への参加をより身近なものに変え、資産運用や投資を始めるきっかけを提供していきたいと考えています。




【バーチャル株主総会の開催を検討する企業向けのお問い合わせ窓口】

プレスリリースに関するご相談は、下記お問い合わせフォーム、またはメールアドレスより受け付けております。お問い合わせ頂いた方には、「バーチャル出席型株主総会事例集」を差し上げます。

コインチェック株式会社 バーチャル株主総会事業検討事務局
問い合わせフォーム: https://forms.gle/MbUBLW3DomQ1ZS9M8
連絡先: vsm@coincheck.com











コインチェック株式会社について
商号:コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)
本社:〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立:2012年8月28日
資本金:100百万円
代表取締役:蓮尾 聡
暗号資産交換業登録: 関東財務局長 第00014号
提供サービス:
仮想通貨取引所・販売所Coincheck https://coincheck.com
Coincheck貸仮想通貨 https://coincheck.com/ja/lending
Coincheckでんき https://coincheck.com/ja/denki
Coincheckガス https://coincheck.com/ja/gas
Coincheckつみたて https://coincheck.com/ja/reserves_lp
Coincheckアンケート https://coincheck.com/ja/survey










※記載されている日時は全て日本時間です。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。