PRESS

プレス

コインチェック、大人気ゲーム「マインクラフト」内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始

2020.09.09



*English version is below.




コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、Enjin Pte Ltd.(本社: シンガポール、共同創設者兼最高経営責任者:Maxim Blagov、以下Enjin)と連携を開始しました。本連携のもと、Enjinの提供するブロックチェーン資産発行ツール「Enjin Platform」を通じて発行された大人気ゲーム「マインクラフト」で利用可能なNFTを、2020年度内のサービス提供開始を予定している当社のNFTマーケットプレイスにおいて取扱うことを目指します。





NFTは、ブロックチェーン上に記録され、固有の値や情報を持った非代替性の権利証を示すものです。現在、ゲーム産業においてはキャラクターやアイテムのNFTを暗号資産と交換できる「ブロックチェーンゲーム」と呼ばれるようなゲームが多数提供されているほか、NFTを用いた動産(コンテンツ・美術品・自動車)や不動産等の流通・売買サービス、NFTを担保としたレンディングサービスが登場しています。



当社では、2020年8月よりNFTマーケットプレイス事業の検討を開始し、2020年度内のサービス提供開始を目指し、NFTマーケットプレイスへの参加企業を募集しています。当社の提供する暗号資産取引サービス「Coincheck」上に「NFTマーケットプレイス」を展開することで、お客様には、より手軽に・安全にお取引できる環境を、NFTを発行する企業などのマーケットプレイスに参加する企業には、登録ユーザー数208万超、アプリダウンロード数国内No.1の「Coincheck」のお客様へアプローチすることが可能となり、さらなるNFTの流通促進が期待できます。







【NFTプラットフォーム参加企業の募集について】

当社「NFTマーケットプレイス」事業は、2020年度内のサービス提供開始を目指して準備を進めており、引き続き参加企業の募集を行っております。NFTのお取扱いを検討して頂けるNFTを発行する企業・団体様については、以下フォームの免責事項に同意の上、必要事項を記載しご連絡ください。
※当社内で厳正なる審査の上、通過した場合のみご連絡差し上げます



申し込みフォーム:https://forms.gle/WppWhUWzmTjMZPDx9



■Enjin Platformについて

Enjin Platformは、EthereumのERC-1155トークン規格を用いた、ブロックチェーン資産発行プラットフォームです。開発者は同サービスを使用して、単一のスマートコントラクトでファンジブルトークン、およびNFTを発行できます。

またEnjinの提供するオープンソースのプラグインツール「EnjinCraft」をサーバーに導入することで、月間プレイヤー数1.2億、累計販売本数2億本を超える大人気ゲーム「マインクラフト」とブロックチェーンを連携できます。プレイヤーは、Enjin Platformによって発行されたNFTを、ゲーム内で使用するだけでなく、資産の一部として管理し、マーケットプレイスを通じて安全なP2P取引を行うことができます。




■Enjinについて

2009年の創業以来Enjinは、ゲーム業界に深く携わっています。同年Enjin Networkというゲームコミュニティ・プラットフォームを立ち上げ、以後10年間で2,000万ユーザーを超えるプラットフォームへと成長させました。

2017年にはICOで1,890万ドルを資金調達した後、誰でも簡単にブロックチェーンを活用できる、エコシステムの開発を進めています。

ゲーム開発者は、Enjin Platform・Marketplace・Wallet・Beamといったプロダクトを用いることで、新規ユーザーの獲得や収益性の向上、他ゲームとの差別化を行えます。またゲーム会社だけでなく、あらゆる規模や業種の会社にご使用いただけます。






-----------------------------------------------------------------------





Coincheck will collaborate with Enjin for Minecraft NFTs

September 9, 2020



Coincheck, Inc. (Headquarters: Shibuya-ku, Tokyo,President:Satoshi Haso, hereinafter referred to as our company) will collaborate with Enjin Pte Ltd. (Headquarters: Singapore, Co-Founder and Chief Executive Officer: Maxim Blagov) for its upcoming NFT Marketplace. Through this collaboration, Coincheck will enable trading of Minecraft-based NFTs issued through the Enjin Platform in its upcoming marketplace, which is scheduled to launch in early 2021.


An NFT is a non-fungible token that is recorded on the blockchain, which contains unique values and information. There are currently various “blockchain games” that allow users to exchange their in-game NFT characters and items for crypto assets. Moreover, services for distributing and trading NFTs for movable assets (such as goods, artwork, and automobiles) and immovable assets (such as real estates), as well as lending crypto assets with NFT collateral are emerging.


Our company has announced our plans for the NFT marketplace in August 2020, and are planning to launch it in early 2021. To achieve this, our company is currently looking for companies interested in joining the initiative. By launching this NFT Marketplace on top of our cryptocurrency exchange Coincheck, we will provide an environment where customers can trade more easily and safely. The participating companies will also be able to reach out to the customers of Coincheck, which has more than 2.8 million registered users and Japan's most popular cryptocurrency wallet.





【Recruitment of NFT platform participating companies】
Plans are underway to launch this service in fiscal 2020. For companies and organizations interested in NFTs on this new platform, please read and agree to the disclaimer, fill in the necessary information and contact us using the form below.
*Only those parties considered eligible after a careful in-house screening will be contacted.


Application form:https://forms.gle/M4i99iMJ8AmPxfkA8




■About Enjin Platform

Enjin Platform is a suite of tools and services based on a web interface that supports Ethereum’s ERC-1155 token standard, which developers can use to mint both fungible and non-fungible tokens (NFTs) in a single smart contract.Also, by installing EnjinCraft, an open-source plugin developed by Enjin into servers, developers can integrates blockchain with “Minecraft,” the popular game with monthly players of 120 million and cumulative sales of 200 million.Players can not only use the NFTs in games but also manage them as assets and conduct secure P2P transactions through a marketplace.




■About Enjin

Since its founding in 2009, Enjin has been deeply involved with the gaming industry. The same year, the company launched a gaming community platform called the Enjin Network and has grown it to more than 20 million users over the course of a decade.
In 2017 following a successful ICO that raised $18.9 million, Enjin established itself as a leading blockchain ecosystem developer, building a suite of user-first blockchain products that enable anyone to easily manage, explore, distribute, and integrate blockchain assets.
Built on top of a robust on-chain infrastructure and comprised of the Enjin Platform, Marketplace, Wallet, Beam, and other tools and services, the Enjin ecosystem enables game industry businesses to increase revenue, gain a competitive edge, and innovate in previously impossible ways.
Forged in gaming, Enjin’s tools and services can also be used by companies of all sizes and industries seeking to create blockchain products or utilize tokenized digital assets as part of their acquisition, retention, engagement, and monetization strategies.







ご参考:
ブロックチェーン技術を用いたデジタルアセット「NFT」を暗号資産と交換できる業界初の「NFTマーケットプレイス」立ち上げについて
https://corporate.coincheck.com/2020/08/27/105.html
















※記載されている日時は全て日本時間です。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。