PRESS

プレス

Coincheck、2020年のサービスの利用動向を公開

~ 2020年最も値上がりをしたのはネム(NEM/XEM)
リモートワークの拡大で日中に「スキマ時間投資」を行う会社員が増加 ~

2021.01.13



コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾 聡、以下当社)は、本日、2020年のサービスの利用動向を公開いたします。



サマリー

  • 2020年の値上がり率No.1はネム、ビットコインは第3位に
  • 口座開設は11月、取引は12月に2020年の最大値を記録
  • リモートワークにより日中のスキマ時間投資が拡大


  • ■2020年最も値上がりしたのはネム、ビットコインは第3位に

    Coincheckで取扱っている暗号資産(14通貨)のうち、2020年で最も値上がり率が高かったのは「ネム(NEM/XEM)」でした。2020年末におけるネムの価格は20.099円を記録し、1年間で5.8倍と大幅な値上がりを見せました。ネムに次いで値上がり率が高かったのは「イーサリアム(ETH)」「ビットコイン(BTC)」で、2020年末の価格はそれぞれ2019年末の5.3倍、3.8倍を記録しました。


    ネムは、2021年2月に処理速度の向上やセキュリティ強化を含む大型アップデートである「シンボル(Symbol/XYM)」のローンチを控えており、それに対する期待がネムの価格上昇の要因の一つであることが窺えます。






    ■口座開設は11月、取引は12月に2020年の最大値を記録

    2020年の暗号資産市場は大きな盛り上がりを見せ、取引も活発となりました。なかでも、米大統領選の投票等があった11月のCoincheckのユーザー登録数、口座数、取引ユーザー数は2020年最大を記録しました。さらに、ビットコインの価格が一時300万円目前まで迫った12月は、取引人数、取引高が2020年最大を記録しました。






    ■リモートワークにより日中のスキマ時間投資が拡大

    2020年のCoincheckの販売所では、2019年に比べ会社員の方の利用が大きく増加し、取引回数は2019年比で2.3倍に増加しています。また、会社員の日中(12:00~18:00)の取引は2019年の約30.9%から約49.6%と大幅に増加しています。2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大をうけてリモートワークの導入が進み、通勤中のスキマ時間が無くなった分、仕事の合間の「スキマ時間」での投資が増加しているのではないかと考えられます。






    今後もCoincheckでは、サービスの拡充やユーザビリティの向上、新たなサービスの提供を通じて「新しい価値交換を、もっと身近に」感じられる機会を提供しながら、より安心安全にお客様にご利用いただけるよう、サービスの向上に努めてまいります。






    コインチェック株式会社について
    商号:コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)
    本社:〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
    設立:2012年8月28日
    資本金:100百万円
    代表取締役:蓮尾 聡
    暗号資産交換業登録: 関東財務局長 第00014号
    提供サービス:
    暗号資産取引所・販売所Coincheck https://coincheck.com
    Coincheck貸仮想通貨 https://coincheck.com/ja/lending
    Coincheckでんき https://coincheck.com/ja/denki
    Coincheckガス https://coincheck.com/ja/gas
    Coincheckつみたて https://coincheck.com/ja/reserves_lp
    Coincheckアンケート https://coincheck.com/ja/survey
    株主総会支援サービス「Sharely」 https://sharely.app/ 




    <本リリースに関する報道関係者からのお問い合わせ先>
    コインチェック株式会社 広報担当 八木田
    TEL: 080-9125-1477 Mail: pr@coincheck.com






    商号:コインチェック株式会社
    暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号
    加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

    【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】

  • 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。
  • 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。
  • その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheckつみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約」等の交付書面をご確認ください。

    お問い合わせ:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
    手数料について:https://coincheck.com/ja/info/fee













    ※記載されている日時は全て日本時間です。
    ※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。